注目キーワード
  1. 腸活
  2. リメイク

腸活で甘酒|おすすめ!米麹甘酒の飲み切りサイズ

  • 2023年1月24日
  • 2024年1月7日
  • おうち
  • 551view

甘酒は善玉菌を豊富に含んだ発酵食品で、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖も含んでいるという優秀な腸活アイテム。ところが種類によってはアルコール分を含んでいたり、カロリーが高めだったりして、腸活にぴったりの甘酒を探すのは意外とたいへん。そこで、毎日の腸活におすすめの「ノンアルコールで砂糖や人工甘味料の添加がなく、飲み切りサイズの米麹甘酒」を厳選してみました。一日一本、おいしく楽しく腸活しましょう!

腸活に甘酒がおすすめな理由

甘酒と聞くと、お正月に飲むもの、というイメージがありませんか?ところが最近では、優秀な腸活アイテムとして日常に取り入れる人が増えています。それはなぜでしょう?

甘酒は米麹(こめこうじ)、または酒粕(さけかす)を原料とした発酵食品で、腸に良い働きをする善玉菌と、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を豊富に含んでいます。このことから甘酒は、善玉菌を摂り入れ、さらには増やしてくれる効果があると期待されているからです。

おいしい甘酒を飲むことが腸活になるなんて嬉しいですね。ぜひ習慣化して、腸内環境の改善に役立てましょう!

腸活におすすめの甘酒の種類|米麹甘酒?酒粕甘酒?

米麹                       酒粕

甘酒は原料により、米麹甘酒と酒粕甘酒の2種類に大きく分けられます。

米麹甘酒は、お米に麹菌を加え発酵させて作られています。お米のでんぷんが分解されブドウ糖やオリゴ糖となるため、砂糖を加えずとも自然な甘みがあります。また、アルコールは含まれていません。

酒粕甘酒は、日本酒をつくる過程で残った搾りカスを水などで薄めて作られています。甘みが少ないため砂糖や人工甘味料などが加えられていることがほとんどです。また、酒粕甘酒はアルコールを含みます。アルコール分は1%未満と少なく、分類は酒類ではなく清涼飲料水ですが、アルコールに弱い方、妊娠中の方などはやはり注意が必要となります。

腸活として習慣化することを考えると、添加物とカロリーがより少なく、ノンアルコールという点から、米麹甘酒がおすすめといえるでしょう。

腸活で甘酒を飲むときの量と注意点

甘酒は糖質を多く含み、カロリーが高いため、適切な量は1日あたり200mlまでといわれています。1回に飲む量は、さらに少なくしておきましょう。甘酒100gあたりの糖質量は18g、カロリーは81kcalと言われていて、どちらの値も同じ量のコーラよりも上です。美味しいからといって飲みすぎてしまうと、カロリーオーバーや高血糖が心配されます。

また、甘酒は酸化すると変色しやすく賞味期間が短いため、開封後は密封して冷蔵庫に入れ、早めに飲み切る必要があります。

そこでおすすめなのが、飲み切りサイズの小分けパック。飲みすぎも、飲み残しも気にすることなく1日1本続けられますよ。

腸活で甘酒|おすすめ!米麹甘酒の飲み切りサイズ

毎日の腸活におすすめの「ノンアルコールで砂糖や人工甘味料の添加がなく、飲み切りサイズの米麹甘酒」を厳選しました。プレーンな甘酒はもちろん、乳酸菌入りやフルーツフレーバーの甘酒もありますよ。一日一本、おいしく楽しく腸活しましょう!

マルコメ プラス糀 米糀からつくった糀甘酒 リッチ粒

  • 原材料名  米、米こうじ
  • 1本の内容量 130ml
  • 粒 あり
  • 1本あたりの栄養成分 エネルギー131kcal、たんぱく質2.0g、脂質0.4g、炭水化物29.9g、ナトリウム2.7mg(食塩相当量:0.007g)

信州味噌のマルコメが、味噌に欠かせない米糀と発酵技術、そして魚沼の美しい水で甘酒を作りました。米糀の量が同シリーズ商品の1.2倍、無塩タイプなのでさらっと飲みやすくなっています。

マルコメ プラス糀 米糀からつくった糀甘酒

  • 原材料名 米、米こうじ、食塩
  • 1本の内容量 125ml
  • 粒 なし
  • 1本あたりの栄養成分 エネルギー91kcaL、たんぱく質1.5g、脂質0.1g、炭水化物21g、食塩相当量0.3g、ショ糖0g

こちらの2商品は、中身は同じ甘酒です。青い紙パックはストロー付き、ピンクは紙製のカートカンです。カートカンにはストローは付いておらず、フタを剥がせば容器のまま電子レンジで温められます。

コーセーフーズ お米と米麹でつくったあまざけ

  • 原材料名  米(国産)、米麹
  • 1本の内容量 125ml
  • 粒 なし
  • 1本あたりの栄養成分 エネルギー112kcal、たんぱく質2.0g、脂質0.3g、炭水化物25.4g、食塩相当量0.05g (食塩は入っていません)、ショ糖0g

コーセーフーズは全国トップクラスの米麹メーカーです。 お米をじっくりじっくり熟成糖化させることで、原料本来の優しい甘みとうまみを引き出しています。そのままでも美味しいですし、レシピが豊富なので、さまざまなアレンジも楽しめます。

コーセーフーズ すっきり飲める 腸活甘酒RP 

  • 原材料名 米(国産)、米麹、大麦粉、発芽玄米粉、もち黒米粉、もち赤米粉、きな粉、うるち玄米粉、胚芽押麦粉、もち玄米粉、もち麦粉、青大豆粉、もちきび粉、はと麦粉、もちあわ粉、黒大豆粉、小豆粉、ひえ粉、とうもろこし粉)、(一部に大豆を含む)
  • 1本の内容量 125ml
  • 粒 なし
  • 1本あたりの栄養成分 エネルギー105kcal、たんぱく質1.9g、脂質0.1g、炭水化物23.9g、食塩相当量0.0g、ショ糖0g

腸活甘酒RPには、レジスタントプロテインが通常の甘酒の4倍以上含まれています。レジスタントプロテインとは善玉菌と相性が良いタンパク質で、食物繊維のように体内で消化・吸収されずに大腸まで届くため「お掃除タンパク質」とよばれています。

万田酵素 発酵甘酒

  • 原材料名  米(国産)、米糀、植物発酵エキス(黒糖、りんご、カキ、ミカン、その他(オレンジ・くるみ・ごま・大豆・バナナを含む))
  • 1本の内容量 125ml
  • 粒 あり
  • 1本あたりの栄養成分 エネルギー97kcal、たんぱく質1.7g、脂質0g、炭水化物22.6g(糖質22.3g、食物繊維0.3g)、食塩相当量0g

発酵甘酒は、米・米糀・万田酵素だけで作られています。 万田酵素は、53種類以上の植物性原材料を3年3ヵ月以上長期発酵・熟成した植物発酵食品で、発酵のチカラで原材料の栄養素を吸収しやすい状態に変化させています。

マルコメ プラス糀 糀甘酒 乳酸菌

  • 原材料名 甘酒(国内製造)(米、米こうじ)、乳酸菌、(一部に乳成分を含む)
  • 1本の内容量 100ml
  • 粒 なし
  • 1本あたりの栄養成分 エネルギー94kcal、たんぱく質1.5g、脂質0.3g、炭水化物21.2g、食塩相当量0.004g、ショ糖0g

糀甘酒を乳酸菌でさらに発酵させた、米糀と乳酸菌のW発酵。糀甘酒の甘みと乳酸菌の酸味が程よいバランスで、甘酒に苦手意識のある方でも飲みやすい味わいです。

高千穂ムラたび ちほまろ

  • 原材料名  【プレーン】米(宮崎県産)、米糀、植物性乳酸菌
  • 1本の内容量 150g
  • 粒 なし
  • 1本あたりの栄養成分 【プレーン】 エネルギー167kcal、たんぱく質2.3g、脂質0.5g、炭水化物38.3g、食塩相当量0.0g

1本あたりに含まれる乳酸菌の量は、なんと150兆個! 乳酸菌は漬物由来の植物性乳酸菌を使用しています。 プレーン以外の原材料と栄養成分はリンク先をご参照ください。

八海醸造 乳酸発酵の麹あまさけGABA

  • 原材料名  米麹、米胚芽抽出エキス、乳酸菌
  • 1本の内容量 118g
  • 粒 なし
  • 1本あたりの栄養成分 熱量114kcal、たんぱく質1.3g、脂質0.2g、炭水化物26.9g(糖質26.7g、食物繊維0.2g)、食塩相当量0.0g

リラックス作用と血圧を下げることをサポートするGABAを関与成分とする機能性表示食品です。しかも100億個の植物性乳酸菌!要冷蔵です。

マルコメ プラス糀 糀甘酒 オリゴ糖

  • 原材料名  米、米こうじ
  • 1本の内容量 125ml
  • 粒 なし
  • 1本あたりの栄養成分 エネルギー107kcal、たんぱく質1.8g、脂質0.1g、炭水化物24.8g、食塩相当量0.009g、イソマルトオリゴ糖3600mg

添加したものではない、お米由来のオリゴ糖をマルコメ通常品の糀甘酒と比べて約3倍含みます。

まとめ

あなたの腸活にピッタリの甘酒は見つかりましたか?のどごしや風味で選ぶもよし、機能性で決めるもよし、ぜひ何種類か試してみてください。季節によって冷やしたり、温めたりしてもおいしいですよ。

関連記事

「カラダに良さそうな食品やサプリ、山ほどあってどれを選んだらいいのかわからない!」「腸活がんばってるけど、あまり効果がないみたい…」「腸活って、いったい何をしたらいいの?」 迷ったらまずは「腸内フローラ検査キット」で、腸内環境を調べてみませ[…]

関連記事

たまたまアマゾンで見付けた「Blendy(ブレンディ)毎日の腸活コーヒー」。えっ、コーヒーで腸活できるの?おいしい?まずい?すっごく気になる!口コミ評価がいいようだし、いつも買ってるインスタントコーヒーと同じくらいのお値段なので、まずは1[…]

関連記事

腸内フローラ検査キット、たくさん種類があって迷ってしまう…そんなあなたのために、目的やタイプ別におすすめの検査キットをセレクトしてみました。検査キットの値段、結果の確認方法、結果がでるまでの期間などの特徴と、あなたが重要視するポイントに合[…]

関連記事

グルテンフリーの麺を探していて見付けたゼンブヌードル。原材料は黄えんどう豆100%で植物性たんぱく質と食物繊維がたっぷり、しかも糖質オフ!健康にいいのは間違いないけど、おいしいのかな?まずいかな?家族の反応は? ゼンブヌードルとは […]