【体験談】耳が詰まった感じで低い耳鳴りがして聞こえにくい|低音障害型感音難聴

なんだか耳の聞こえ方がおかしいような気がするけど、気のせいかな、と思っていたら、翌週にはボワーンと耳鳴りがして、明らかにおかしい!

耳鼻科で聴力検査をすると、低い音があまり聞こえていないことが判明!

「低音障害型感音難聴」と診断されました。

低音障害型感音難聴とは

耳の詰まった感覚(耳閉感)や低い音の耳鳴りがする、音が割れて聞こえる、響いて聞こえる、といった症状がでます。

片耳だけのことも、両耳のこともあります。

大きく聴力が低下することが少ないので、聴力検査をするまで気付かない人も多くいます。

早期の治療が効果的なため、なんとなく耳の聞こえがおかしいな、と感じたら早めに受診することが大切です。

近年、20~40代の女性を中心に増加している症状ですが、原因ははっきりとは解明されていません。

内耳にある「蝸牛(かぎゅう)」という聴覚器官を満たすリンパ液の流れが滞り、内耳がむくんでいる状態です。

過労・ストレス・睡眠不足が引き金となり、自律神経が乱れてリンパが増えすぎるのだろう、と言われています。

治療は経口薬です。利尿剤で内耳のリンパ液の排泄を促します。五苓散・柴苓湯などの漢方薬や、ビタミンを併用することがあります。

難聴が高度な場合は、ステロイド剤を用いることもあります。

ほとんどの場合が2~3週間で治ります。聴力が変動する場合は1ケ月~数ケ月かかることもあります。

ストレスにより再発することが多いのが特徴です。

難聴の発作を繰り返すと聴力の回復が徐々に悪くなり、難聴が進行していくこともあります。

激しいめまいを伴うメニエール病へ移行することもあります。

繰り返さないためには、ストレスや疲労を溜めないよう、充分な睡眠とリラクゼーションを心掛けましょう。また適度な運動、特に有酸素運動が効果的とされています。

体験談

初めての発症

みかゆが30代後半のときでした。

なんだか耳の調子が悪い、耳が詰まっているような感じがする、と耳鼻科を受診。

聴力検査をしたところ、左耳は低い音がよく聞こえていないことが判明しました。

聞こえが悪くなっているとは思っていなかったので、とても驚いたことを覚えています。

お医者さんによると、疲れやストレスが原因で、耳に水がたまっている状態。悪化するとメニエール病というこわい病気になることもあるので、きちんと治しておきましょう。苦いお薬を出すけれど、がんばって飲みきってくださいね、とのこと。

確かに子どもが夏休みに入ったばかりで、子どもの相手と家事に追われていました。でも疲れたとは感じていなかったんだけど…だから疲れが身体にでちゃったのかな?

家に帰ってメニエール病について調べると、吐き気や嘔吐を伴う激しいめまいの発作が、数十分から数時間も続く病気とのこと。

こわいーーー…(゚Д゚;)

薬飲んでしっかり治さなきゃ!

処方された薬は「イソバイド」という液体の飲み薬。

これが、とーーーーっても苦い!!

そのまま飲むと、思わずオエッとなるほどの苦さ。

薬剤師さんにアドバイスをもらったとおり、冷蔵庫で冷やしておくとかなり飲みやすくなります。冷やしてからコップに入れて飲むのがおすすめです。

幸い、薬を飲み始めてから3~4日で治りました。薬はなくなるまで、ちゃんと飲み切りました。症状よりも、この苦い薬のことが一番記憶に残っていました。

約10年後に再発

みかゆが40代後半の12月。

なんとなく耳がおかしい、もしかしてあの時と同じかも、でも気のせいかも?

気になりつつも病院に行くのが面倒で、少し様子をみていました。

4~5日後には、右耳がボワ~ンとして、明らかに音が聞こえづらくなってしまいました。

これは病院に行かなくては!と、あわてて耳鼻科へ。

聴力検査をすると、左耳の低音の聞こえが悪くなっていました。

やっぱり…え、左耳?!

右耳がおかしいと感じていたのですが、実際に症状がでていたのは、前回と同じく左耳でした。

過労とストレスが原因、と言われたけれど、特に思い当たることはありません。

確かに仕事は繁忙期だけど、もっともっと忙しいときはたくさんあったし、週末は旅行でリフレッシュして元気になったし。でも意外と体は疲れてるのかな、と考えてみたものの、あまりピンときません。

ま、薬を飲めばすぐ良くなるでしょう!前回すぐに治ったし、とこの時は楽観的に考えていました。

またあの苦いイソバイドという飲み薬と、今回は五苓散という漢方も処方され、1日3回飲むことになりました。お水をたくさん飲んでくださいね、と言われました。

ところが!ちょうどお正月休みに入り、家でゆったり過ごしたものの、なかなかよくなりません。

症状は10年まえよりずっとひどく、1日中ボワ~ンと低い耳鳴りが続き、不快でストレスに感じます。

大きい音が耳に響くので、テレビの音をふだんより小さくしました。

夜寝るとき、電化製品の低いブーンという音が気になるようにもなりました。以前はそんな音、気付きもしなかったのに…。

仕事が始まると、大きな支障こそありませんが、耳鳴りが気になって仕事に集中しにくかったです。少し声が聞き取りづらい分、いつもより神経を使うので疲れます。早く良くならないかな、とうんざりしていました。

血行を促進し、上半身のつらいコリを解消してくれる背中専用のマッサージ機【soft stone back(ソフトストーンバック)】

初診から2週間たった頃、ようやく耳鳴りが小さくなってきました。とはいえまだ耳鳴りは残っているし、耳の詰まった感じは治っていません。

薬もなくなるので、また耳鼻科に行きました。聴力検査をすると、耳の聞こえはほぼ戻っているとの結果がでました。

「えっ、まだこんなに調子悪いのに?」という感じでした。

またイソバイドと漢方をもらい、調子に合わせて服用することになりました。

それから一週間くらいすると、ようやく耳鳴りがおさまってきました。

完全に治したいと思い、さらに2~3日イソバイドを飲み続けていたら、頭痛がしました。風邪や肩こりのせいかもしれないけれど、イソバイドの副作用かもしれないと思い、漢方だけ飲むことにしました。

すると2~3日後にまた耳鳴りがしてきたので、イソバイドを飲み始めました。耳鳴りは2~3日でおさまったので、またイソバイドをやめて漢方だけにしました。

これを2~3回続けているうちに、発症から一カ月たちました。

「もしかしたら治らないで、ずっとこのままなのかな…」不安が高まり、いろいろと調べました。

そこで初めて、「血液とリンパの流れが悪くなり蝸牛がむくんでいる状態」「有酸素運動が効果的」ということを知りました。

そういえば、発症したのはちょうど寒くなった頃だったし、運動不足だったし、血液とリンパの流れが悪くなっていたのかも?!

それならばと、ホットヨガで覚えたリンパマッサージをすることにしました。湯舟に浸かって、手足や顔をセルフマッサージ。「は~~…気持ちいいなぁ…」

リンパだけでなく経絡にも刺激を加える脚のむくみ対策専用「ルートローラー」

耳鳴りが始まってから、不快だったり不安だったりして、リラックスできていなかったように思います。

「そうだ、次の休みに日帰り温泉でも行こうかな~。サウナ入っても大丈夫かな?ま、もし具合悪くなったら早めに出ればいいか。」

発症してからあまり出掛ける気になれなかったけれど、少し遠出して、日帰り温泉に行くことにしました。

大好きなミストサウナでリンパマッサージをしたり、露天風呂で外気浴したり、リラックスラウンジでマンガを読んだり。思う存分のんびりして、最高に気持ちのいい1日を過ごしました。

すると次の朝、完全に耳鳴りがなくなっていました!

ボワ~ンが完全に消えたのは久しぶりで、本当にうれしかったです(≧▽≦)

耳の聞こえがよく、頭がスッキリして、 仕事にも集中できます。

急に良くなったのは、やはりきのうの日帰り温泉のおかげでしょう。身体と心の緊張を緩和することで、血行とリンパの流れが良くなったのではないでしょうか。

その日から現在まで数カ月、 ボワ~ンという耳鳴りはしていません。よって、イソバイドは飲んでいません。

調子がいいからと漢方をやめてみると、耳が詰まった感じになることが多いので、漢方だけは今も飲み続けています。最初は1日3回の服用でしたが、今は1日2回、朝と夜だけにしています。

たまに耳閉感がでてくると、早めに寝るなどして、それ以上ひどくならないように気を付けています。

リンパやツボの経路を刺激する脚のむくみ対策専用の美容ローラー「ルートローラー」

ダイビングしても大丈夫?!

「治るのかな?」と不安になったとき、同時に心配したのが「ダイビングは続けられるのか?」ということです。

せっかく始めたダイビング。今できなくなってしまったら、大ショックです。

そこで、お医者さんに「ダイビングしても大丈夫ですか?」と質問してみました。

「鼓膜と鼻の間に異常があるわけではないから、大丈夫でしょう。ただしダイビング自体をストレスに感じる場合は、やめておいたほうがいいですよ。」とのこと。

わたしにとって、ダイビングはストレスじゃないから大丈夫!よかったーーーー!!!

耳抜きもできてるし、一安心です。

ただし耳鳴りがするときは集中できないし、水中でどうなるかは予測ができないので、注意が必要だとは思います。

ベストな状態で行けるよう、今まで以上に体調管理に気を付けて楽しみたいと思います。

まとめ

低音障害型感音難聴は、まじめで几帳面な人=ストレスをため込みやすい人が発症しやすい、といわれています。

わたしの場合、仕事が忙しいときは水分も取らず、トイレも我慢してしまうことがありました。職場と家の往復だけで、運動不足なのは明らかです。疲れを感じていないときほど、身体に症状がでることもわかりました。

症状と自分の体調について、よく知っておくことが予防につながります。

認めたくないけれど、加齢とともに体力と代謝は衰えていきます。今まで以上に意識して、運動と休息を取り入れることが大切だと感じました。

症状が強いときや長引いたとき、本当に治るのか、とても不安になりました。でも、そこでストレスを溜めてしまうと、悪循環になってしまいます。

きちんと通院して薬を飲んだら、あとはゆったり過ごしましょう。有酸素運動が効果的だけど、つらいときは無理せずに、マッサージや読書など好きなことをするのがいいのではないでしょうか?そして症状が治まったら、繰り返さないよう体調管理していきましょう。

わたしの体験談が、少しでもあなたの参考になればうれしいです。

お大事に!

関連記事

1日お休みがあったら、どう過ごしますか? わたしのお気に入りは寺社巡りと日帰り温泉! 疲れた身体と心をゆっくり癒して、リフレッシュできますよ~。 たまにしかない休みを有意義に過ごせるよう、おススメのコースをお教えします♪[…]

関連記事

ヨガというと「健康できれいになれる」というイメージがありませんか? きれいな女性がヨガのポーズをとっている姿、憧れてしまいます。 ヨガを始めれば、自分もあんなふうにスリムできれいになれるような気がしてきます。 わたしはホッ[…]