スーパーアキダイでお買い物!流行語大賞の授賞式にも登場した秋葉社長に会えるかな?

野菜の価格高騰や税率UPが世間で話題になるたびに、テレビのインタビューでよく見るのが、スーパー「アキダイ」の秋葉社長。

流行語大賞「軽減税率」の受賞式に登場したのも、秋葉社長です。

いったいどんなスーパーなの?どこにあるの??

そこで気になるスーパー「アキダイ」に行ってきました!

店舗一覧

  • 関町本店 
  • 中村橋店 
  • 荻窪店
  • 阿佐ヶ谷店
  • アキダイ高円寺店(ユータカラヤ内)
  • 手作りパン工房 あきぱん
  • くいもの屋 北彩亭
  • アキダイ ふりーすぺーす

アキダイの店舗は、すべて練馬区と杉並区にあります。

ちょくちょくテレビのインタビューに出るのは、きっとテレビ局が近いからに違いない。都心のスーパーなんだろう、と勝手に思っていました。

ちょっと意外です。

「手作りパン工房あきぱん」と「アキダイふりーすぺーす」も気になりますね~。

さあ、行ってみましょう!

スーパーアキダイ関町本店

本店は西武新宿線の武蔵関駅から徒歩5分。

武蔵関駅の南口に出たら、左手にある三井住友銀行の角を、銀行に沿って曲がります。まっすぐ進んで三本目の通りを左に曲がれば、すぐにアキダイのピンクの看板が見えます。

店内には野菜や果物が所狭しと並べられ、充実の品ぞろえ。

店員さんの威勢のいい掛け声が響きわたり、お客さんで賑わっています。

「こんなに活気のある八百屋さん、いまどきほんとにあるんだー…」というのが、第一印象。

ドラマに出てくるような、八百屋さんらしい八百屋さんです。

気になるお値段は、というと…

巨大なブロッコリーが128円。

(うちの近所のスーパーでは、もっと小さいブロッコリーが158円。)

1段詰めで下にスポンジが敷いてある大粒のいちごが680円。

(うちの近所のスーパーでは980円。)

全体的に、素人目にみても新鮮さが際立っている!なのに安い!

特売品、タイムセール品は、もっと安い!

お刺身と総菜も安くておいしそう~✨

目移りしつつ、野菜をいくつか購入。

もっといろいろ買いたいけど、このあと用事があるから泣く泣く断念。

ねぎとろといか明太、買いたかった( ;∀;)

帰り際、店頭に秋葉社長の姿を発見!

テレビで見た感じより、ちょっと小柄で年配に見えました。

独特のハスキーボイスで、元気に接客されていましたよ(^^)

手づくりパン工房 あきぱん

本店のまえを通り過ぎると、角にあきぱんがあります。

国産小麦100%使用、生地から手作りのパンたちが、きれいに並べられています。

国産小麦ときくと、いま流行りの高級パンを連想してしまいます。

でも、あきぱんの食パンは250円。

アンパンマン、ゆきだるま、カメロンパン、ほうれん草とチーズが入ったリュスティック、どれも100円代。

ついついたくさん買ってしまっても安心のお値段です。

から揚げやカレーなど、手作りのお惣菜も充実しています。

パンは家に持ち帰ってからいただきました。

どれも生地がもっちりとしていて、文句なしのおいしさ。

すぐに息子たちに食べつくされてしまいました。

    

かわいすぎて生き残っていたカメロンパン

アキダイふりーすぺーす

本店のすぐ右隣りにあるのが、このお店。

焼き鳥、たい焼き、クレープなどが買えます。

たい焼きとクレープの生地は国産小麦100%。たい焼きは十勝あずき100%、クレープは手作り生クリーム100%のこだわりよう。

店内にイートインスペースがあるので、焼き立てをすぐに食べるのがおすすめ。

 

たい焼き(130円)とホットコーヒー(80円)を店内でいただきました。

中のあんこが、ほんっっっとにおいしいです!

近所にあったら、ぜったいに通います。

まとめ

アキダイ本店・あきぱん・アキダイふりーすぺーす、と3店セット(?!)で買い物三昧。

どの店舗にも共通していたのは、材料へのこだわりとリーズナブルな価格設定。

そして店員さんとお客さんの会話のキャッチボールです。

「こんにゃくに手が届かないよー」

「ごめんなさいね、こうすれば大丈夫かな?」

こうしたやりとりから、お客さんにとって、さらにいいお店になっていくんだろうな、と思いました。

お客さんとのコミュニケーションから、進化し続けるスーパーアキダイ。

こんなお店が、近所にあったらいいのにな~。