宮古島旅行記 吉野海岸とシギラビーチの西側でシュノーケリング2019|3日目

シュノーケリングで大人気の吉野海岸。さて、新城海岸とどちらがきれいでしょうか?シギラビーチはビーチハウスもある施設充実のリゾート。楽しみです!

吉野海岸

満潮時をねらって朝一から吉野海岸へ!駐車場に車をとめ、ビーチまでの送迎車に乗り換えます。

ビーチまでの道は本当に狭くて急でこわいぐらい。もし自分の車で行けといわれても、絶対に行きたくありません。

ビーチにはトイレがないので、そのつど駐車場に戻る必要があります。いつでも送迎できるように電話番号を渡されます。送迎車はいったりきたりしていて、電話しなくてもつかまえられることが多く、気軽に送迎してもらえます。

ビーチに売店はないときいていましたが、カップラーメンやおにぎりを売っている人がいました。

事前のリサーチで、吉野海岸にいる業者の評判が悪いことが気がかりでしたが、まったくそんなことはありませんでした。駐車場のおじさんも、ビーチの売店の人も、気さくで親切でした。もしかするとハイシーズンにはいろんな人が関わるし、なかにはあまり態度がよくない人もいるのかしれませんね。

「わ~~、ビーチがきれーーーーーー……」

ふわふわのやわらかい砂が素足に気持ちいい!晴れていて海はきらきら、静かでプライベートビーチみたい!はるか沖のリーフエッジにはサーファーが5~6名ほどみえます。

駐車場のおじさんに、シュノーケリングにおすすめのポイントをきいてみると、「どこも同じような感じだよ」とのこと。

海に入ると数歩で腰くらいの深さになり、大きな岩のようなサンゴがたくさんあります。サンゴのあいまの水路を進んでシュノーケリングしていきます。

吉野海岸のサンゴも、茶色一色という感じです。色のついたサンゴはほぼ見かけなかったように思います。 満潮時だったためかもしれませんが、魚は新城海岸より多くいました。

海にむかって右側から入って沖に進み、あとはビーチと平行に泳いで左側まで泳いでいってビーチにあがる、というコースを3~4回ほどシュノーケリングしました。

右側の沖でウミガメを見ました! あとで駐車場のおじさんに報告したら「めずらしいな~」と言っていました。浅瀬にはシマハギの群れがいました。 左側の岩の近くではフエダイが群れていました。

  

「もっとリーフエッジに近づきたい」という気持ちが常にありましたが、わたしより沖にいる人はいないし、サーファーに近づくと危険だし、安心できる範囲で楽しみました。

天気も潮もまったく違うため、新城海岸と比べるのは難しいですが、吉野海岸のほうが海の中がきれいで、魚も少し多いように感じました。

お昼をすぎると潮が引いてきて泳ぎづらくなってきたので、場所を移動することにしました。

☟魚の名前やサンゴの種類がわかると、シュノーケリングがもっと楽しくなりますよ!

この本なら魚・サンゴ・ウミガメ・イソギンチャク・ウミムシなどがフルカラーで網羅されています。充実の一冊です!

シギラビーチの西側

シギラビーチは写真のような浅瀬です。西側に遊歩道があり、その先に海に入れる階段があります。そこから入るとある程度の水深があり、サンゴもきれいです。

干潮時のためかほぼ岩に囲まれていて、波もなく安心感があります。岩には人が通れない程度のすきまがあり、そこから水の流れはあるので澄んでいます。

驚いたのは、こんなに歩道から近くて入りやすいのに、きれいな枝サンゴがたくさんあったことです。

青や紫の大振りの枝サンゴに、デバスズメダイが群れています。足がつくかつかないかの水深で、素潜りしなくてもデバスズメダイを近くでゆっくりみれました。きれいな水槽の中を泳いでいるようです。

リゾート内のためか、17時をすぎてもシュノーケリングを楽しむ人がたくさんいて、明るい雰囲気のビーチでした。おすすめです!

 

HOTEL385に宿泊

今日から2泊はHOTEL385です。2018年にできたばかりの、とてもきれいでおしゃれなホテル。お風呂とトイレが分かれているのもポイントです。

洗濯機は廊下に2台あり、無料で使えます。洗剤も無料で使えるのがありがたいところ。ただし使用できるのは夜22時までです。

ホテルから徒歩2~3分のところにコインランドリーもあります。食事のまえにコインランドリーに洗濯物を入れ、外で夕食を食べ、帰りにコインランドリーから持ち帰る、というのがおすすめです。

Hotel 385<宮古島>の詳細はこちら【楽天トラベル】

キャプテン・メリアンで宮沢牛のハンバーグ

ホテルのななめ前に「郷家(ごーや)」という居酒屋があります。三線ライブもある様子。予約しようとしたところ、当日も翌日もすでに満席。残念!

もう一軒、近くのお店に行ったところ、こちらも予約でいっぱい。次に行ったのは「キャプテン・メリアン」。すぐに入れましたが、他の席はすでに予約済のようでした。夕食は予約をしたほうがよさそうです。

キャプテン・メリアンの店内は客船風。テーマパークのようです。メニューは宮古牛のハンバーグやステーキ、アグー豚、やんばる地鶏など。ボリュームがあり、食べ応えがあります。お値段もそれなりにしますが、宮古島産のお肉と、楽しい雰囲気を満喫できました。

関連記事

オープンウォーターダイバーになってから、5本目のダイビングです。宮古島でのダイビングはもちろん初めて!どんな世界が広がっているのでしょうか?ダイビング初心者のわたしでも、楽しめるのでしょうか?期待と不安でドキドキです! 宮古島でダイ[…]