【初心者でもできる!】ボディボードの選び方&乗り方ポイント解説!おすすめ海水浴場も

海でよく見かけるサーファーとボディボーダー。かっこいいけど、なんだか難しそう・・・そんなふうに思っていませんか?

夏の海水浴場では、ボディボードに乗って遊んでいる子どもや大人がたくさんいます。そうです!ボディーボードならば、気軽に簡単に乗れるんです!

ボディボードで波に乗り、波打ち際まで疾走すると最高に良い気持ち!サーーーーッと風を切り、突き進む爽快感がたまりません。

ぜひあなたもチャレンジしてみませんか?

あなたはどっち派?本格的なボディボーダーと海水浴ボディボーダーの違い

海水浴は、決められた遊泳期間に、遊泳区域の中で楽しみます。それ以外はサーファーや本格的なボディボーダーの時間となります。

サーファーや本格的なボディボーダーには、波待ちの場所や順序、通り道に至るまで暗黙のルールがあります。知らないとヒンシュクを買うどころか、怒られたり、つまはじきにされるなんてこともあり得ます。

本格的に始めたい人は、通いたい海のショップで開催されているスクールに参加するのが無難です。地元のルールを教えてもらい、マナーを守って楽しみましょう。

ちょっとやってみたい、気軽に自由に遊びたい、という初心者ボディボーダーは、海水浴シーズン中に、海水浴客として楽しみましょう。

ここでは「まずは海水浴ボディボーダーになる!」という人向けのお話をします。

海水浴客としてボディボードで遊ぶための基礎知識

遊泳区域内では、ボディボードで足ひれの着用が禁止されていることが多くあります。 もし使いたい場合は、事前にライフセーバーに確認しましょう。

わたしはいつも足ひれはつけていません。バタ足だけで、充分波に乗って楽しめています。

必要なのはボディボードとリーシュコードだけ!

ボディボードと自分をつなぐ「リーシュコード」は必ず着用しましょう。 ボディボードだけ流されてしまうと、自分が溺れたり、他人にあたってケガをさせてしまう可能性があります。

リーシュコードはボディボードと一体化して初めから付いている場合と、付属品として別売りの場合があります。購入の際はチェックが必要です。

 

おすすめボディボード

 海の家の多くはボディボードのレンタルがあります。料金は1日500~1000円程度。初心者にはレンタルで充分です。しかしすべて貸出中、なんて場合もあるので、マイボードを持って行くことをお勧めします。

サイズ

最適な長さは「自分のひざから口までの長さ」です。

大きすぎたり小さすぎたりすると、波で不安定になってしまいます。

自分に合ったサイズを選びましょう。

金額

ボディボードは1000円代から5万円以上するものまで、幅広くあります。

1000円代のものは、平たい発泡スチロールに養生テープが巻きつけてあるような感じのものが多く、バランスが取りにくいため、大人にはあまりお勧めしません。

2~3千円から1万円前後のものは、適度なカーブがあり、機能的に初心者にちょうど良いものが多いです。一方で本体から表面が剥がれてしまうことが多く、耐久性は劣ります。わたしは接着剤で貼り付けて何年も使用しています(^-^;

数万円するものは、足ひれで推進力をつけないと波に乗りにくいものも多くあるため、本格的なボディボーダー向けといえるでしょう。

  

 

ボディボードの基本的な乗り方

基本姿勢

  1. ボードの中央に腹ばいになり、ひじを90度くらいに曲げる
  2. 足の付け根をボードの一番手前に合わせる
  3. ひじがボードからはみ出ないよう両脇を締める
  4. ボードの先端を軽く握り、胸をそらす

自分でも気付かないうちに、肩甲骨から肩のあたりが猫背になっていることがあります。大きく胸を反り、前を向きましょう。

波の乗り方|テイクオフ

波が近づいてきたら、基本姿勢のままバタ足をして推進力をつけます。波の勢いに乗ってボードが動き出すと、キックをやめても波の力で進み続けます。

波に負けないよう、ひじでボードをしっかりと固定し胸を反ることで、重心がボードの中心になり安定します。

ボードの先端が浮きすぎると、重心が下がりすぎて波においていかれます。先端が沈みすぎるとブレーキをかけた状態になり、前に進みません。

そんな時は、基本姿勢を再チェック!

うまく乗れると、波打ち際まで一気に疾走することができます。水面を波と一体化して進む爽快感は格別です!

ボディボードにおすすめの海水浴場|南伊豆

南伊豆は海水が透き通っていて、とにかくきれい。ボディボードで波に乗れたら最高です!

お盆をすぎてもクラゲが出にくいのが特徴です。8月末まで海水浴を楽しめます。

南伊豆でボディボードを楽しむなら、どこの海水浴場がおすすめでしょうか?南伊豆に毎年行っているみかゆが、おすすめの海水浴場を厳選してお教えします。

人にあたらないよう細心の注意を払って、楽しみましょう!

 

吉佐美大浜海水浴場

770mの広々としたビーチに、波がくずれる音が気持ちよく響きます。近くに別荘地があるため外国人が多く、海外のリゾートを連想させる開放的で明るい雰囲気です。

いつでも程よい波があり、ボディボードにはうってつけです。タイミング良く波に乗れば、波打ち際まで一気に運んでもらえます。

家族連れも多く、小さい子どもたちが波打ち際でたくさん遊んでいますが、遊泳範囲が広いため、距離を保って安全にボディボードを楽しむことができます。

ふだんから波があるので、台風が近づいている時は遊泳禁止になりやすいです。監視員の指示に従い、安全に遊びましょう。

  

入田浜海水浴場

物静かで落ち着いた雰囲気のビーチ。海水も砂浜もきれいです。ふだんは波が少ないので、ボディボードには少し物足りないかもしれません。

かわりに、沖縄あたりに台風がある時や、吉佐美大浜では波が高すぎると感じる人には、入田浜がお勧めです。

混雑が少ないため人にぶつかる心配も少なく、思い切り楽しめるのがポイントです。

  

まとめ

子どもから大人まで、安く安全に楽しめるのがボディボードの良いところ。

まずは夏の海水浴場で気軽にチャレンジしてみましょう。

もしハマったら、本格的にオフシーズンも楽しんでみてはいかがでしょうか?