海がたくさん!レジンアーティスト濱村裕二さんの初個展

レジンアーティストの濵村裕二さんがレジン(透明な樹脂)でつくる作品は、きれいな海をそのまま切り取ったようなものばかり。海の透明感、水面のゆらぎ、砂地にできる波紋などが繊細に表現されていて、そこに本物の海があるようです。海が好きな人は、ぜひご覧ください!

濱村裕二さんの初個展「UMI no IZANAI~レジンアートで魅せる青い世界~」

  • 期間 2022年2月2日(水)~3月31日(木)
  • 会場 SOZO(SOZO HAIR&MAKE内ギャラリースペース)東京都渋谷区神宮前4-25-1
  • 時間 平日11:00~21:00  土日祝10:00~20:00
  • 定休日 火曜

濱村裕二さんはレジン(透明な樹脂)を使って、南国のビーチをテーマにした作品や、趣味のダイビングで見てきた水中世界を表現する作品を創作しています。

濱村さんはもともと会社員で、美術の勉強をしたこともなかったそうです。それが4年前に「レジンを使って貝殻を一面にちりばめたテーブル」と出会い、刺激を受けて創作活動を開始。作品をハンドメイドマーケットで販売したところ、人気を博して制作メインの生活となり、会社員を辞めて独立したそうです。

それにしても、創作活動を始めたのが4年前というのは驚きです。ほんの数年でいくつかの賞を受賞し、国内および海外の美術展にも出展、そして今回の初個展…。並々ならぬ創作意欲と探求心を感じます。

「これまで何百回ものダイビングで見てきた美しい海の光景を、少しでもリアルに表現できたら良いなと思いながら制作しています。」とおっしゃっていることから、濱村さんはかなりのベテランダイバーだということがわかります。

わたしはやっと30本潜ったばかりのダイバーです。もし濱村さんとお会いする機会があったら、作品のことに加えて、今まで潜った海や好きなダイビングポイントについてもお聞きしたいです。

 

濱村裕二さんの初個展に行ってきました

個展の開催場所は、SOZOという美容院です。表参道ヒルズの裏手、裏原宿にあります。

階段を降りるとすぐに入口と受付があります。受付で「作品を観に来ました」と伝えると、カット等の予定がなくても無料で入場できます。予約は不要です。入りやすい雰囲気で、お店の方もとても感じが良かったです。

受付のすぐ横に、書斎風のギャラリースペースが。重厚な雰囲気の棚に、爽やかな海の色が映えています。こういう空間、家にも欲しいな。

濱村裕二さんの作品を実際に見るのは、これが初めて。

「きれい~°˖✧◝⁰◜✧˖°」

透明な海の砂地に、太陽の光の模様と波紋が広がっています。見つめていると、さざ波がゆらめいているような気がしてきます。

「海だ~°˖✧◝▿ ✧˖ ◜✧」

美容室の壁の両側にも、作品が飾られています。素敵なヘアサロンです。今度、カットしに来ようかしら。

店内は自由に観覧できます。わたしが行ったときは、たまたま美容室のお客さんがいなかったこともあり、奥の方の作品までゆっくりと鑑賞することができました。写真もOKをいただきました。

海の中から水面を見上げると、光がきれいなんですよね°˖✧▿⁰◜✧˖°

気に入った作品は購入することができます。セールスは一切ありませんでしたので、ご安心を。

多角形を崩したような光の模様がとてもリアルできれい。この海の輝きは、濱村裕二さんの作品ならではだと思います。

まるで水が張ってあるかのようなトレー。 でもお水は入っていませんよ、ちゃんと硬いです(^^)

わたしが一番好きな作品はこちら!シュノーケリングやダイビングで泳ぎ出すときの景色そのものだと思いませんか?「サンゴあるかな?魚たくさんいるかな?」 というワクワク感と、ちょっとした緊張感、そしてシュノーケルやレギュレーターの呼吸音まで蘇ってきました。

青の濃い部分にわたしが映り込んでしまったので、写真の作品部分を少し加工してあります。ごめんなさい!

こちらは別の作品のアップ。まさに海そのもの! 宮古島の17endと八重干瀬で見た海の色と同じです。

「水、本当に入ってないの?!」と目を疑いたくなりますが、物を置いても濡れない、ちゃんとしたトレーです(^^)まるで海の標本ですね。

シャワーブースにも作品がある、と店員さんが教えてくれたので行ってみると、ひときわ大きな作品が!80~90cmはあります。この作品がダイビングショップやカフェに飾ってあったら、どんなに素敵でしょう!ぜったいに通います。

こちらもシャワーブースにある大きな作品。広い海岸に大きめの波が打ち寄せています。強い風が吹いているみたい。

どこかモデルとなる海があるのなら、この海に行ってみたいです。 朝日や夕日があたる景色も見てみたいな。

とても素敵な作品展だったので、記念と称してペンスタンドを衝動買いしてしまいました。

ペンスタンドは、宮古島カレンダーの横に置いています。海の予定をたくさん書き込めたらうれしいです。

濱村裕二さんのインテリア作品

濱村裕二さんは、ハンドメードショップ studio KAIのデザイナー兼創作者hamamu3としても活動されています。Studio KAI では日常使いの家具、雑貨、インテリアパネルなどを作り、ハンドメイドのマーケットプレイスであるCreema(クリーマ)とminne(ミンネ)に出品しています。アート作品同様の美しさでありながら、より実用的でお値段は手頃なため、インテリアとして取り入れてはいかがでしょうか?

画像をクリックするとCreema(クリーマ)で作品の詳細が見られます。

折りたたみガラステーブル 名もなき島 ホワイトビーチ

ブルームーンビーチ ガラスサイドテーブル丸~minamo~

モニターラック ターコイズブルームーンビーチ ガラススタンドラック

エメラルドグリーン ムーンビーチ 夜光虫 ガラスサイドテーブル丸~minamo~

スカイブルームーンビーチ ガラスサイドテーブル丸 〜Minamo〜

ディスプレイアートトレイ ブルームーンビーチ アクセサリートレイ

壁掛けパネルスタンド ブルーシーのビーチ 80×40

アートパネル 100cm×40cmディープブルー 波紋と砂紋のブルーシー 青い海

透明感のある海のインテリア、とても素敵です。作品を一点置くだけで、部屋全体が爽やかで居心地のいい雰囲気になります。 新築や引っ越し、結婚記念日の贈り物にもふさわしいですね。

まとめ

濱村裕二さんの作品は、見つめれば見つめるほど透明度の高い海そのもの。作品から太陽のきらめき、波紋、ゆらぎを感じ取ると、本物の海のような癒し効果があるような気がします。海が好きな人にとって、部屋の中でいつでも海が見られるというのは、とてもうれしいことです。

Creema 公式オンラインストア
関連記事

ハンドメイドフェスでは、創作活動に取り組むクリエイターたちの作品が一堂に会します。手作りの一点物の作品を目で見て、触って、即購入できる貴重なチャンス!センスが光る雑貨を見付けたり、これからバズりそうな作家を発掘できるかも?!ステキな作品との[…]

関連記事

マーレクルーズさんの八重干瀬クルーズ・シュノーケリングツアーに参加しました。2階建てのクルーザーは広くてきれいでとにかく快適!潮風をうけ、刻々と色を変える宮古ブルーの海を眺めてのクルージングは最高に気持ちが良かったです。手づくりランチやフ[…]

関連記事

ジニアススマイルマリンクラブさんの大神島シュノーケルツアーに参加しました。つやつやのサンゴが盛り上がって連なる景色はまさに海の中のパワースポット!特に青の枝サンゴが一面に群生するさまは神々しいほどの美しさでした。 ジニアススマイルマ[…]

関連記事

サンキャッチャーは北欧発祥の窓辺のインテリア。太陽の光に当たると小さな虹がたくさん揺らめき、いつもの部屋が特別な空間に!気分転換にも癒しにも、運気アップにも繋がるサンキャッチャーを窓辺や玄関に飾ってみませんか? サンキャッチャーとは […]